Quantcast
Channel: 蔵書票研究所 鎌倉
Mark channel Not-Safe-For-Work? cancel confirm NSFW Votes: (0 votes)
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel.
0

さまよえるワーグナーの騎行

Richard Wagner (1813-1883)は言わずと知れたドイツの大作曲家です。 タンホイザー、指環4部作、トリスタンとイゾルデ等の楽劇は現代でも超人気曲です。...

View Article

哀しき酔っ払い伝説 Léo Schnug

Léo Schnug(1878-1933) レオ・シェヌグは1878年、ドイツに近い現在のフランス領アルザス地域圏ストラスブールで生まれました。 幼い頃に父親が精神病で隔離され、姉妹も病で無くした彼は母親一人の手で育てられました。大変貧しい生活ながら、苦労してストラスブールの装飾美術学校で学び、早くから才能を認められドイツのミュンヘンアカデミーに進学します。...

View Article

汽車を待つ君の横で僕は…Otto Ubbelohde

Otto Ubbelohde(1867-1922) オットー・ウベローデはドイツ、マールブルグ出身の画家です。 バウハウスの前身ワイマール大公サクソンスクールで学び、ミュンヘン芸術アカデミーに進学しました。...

View Article


ドイツのどてらいヤツ Wilhelm Jondorf

Wilhelm Jondorf (1890-1957) ドイツ、ニュールンベルク出身のユダヤ人だったウィルヘルム...

View Article

Coat of Arms 紋章の美学

蔵書票が生まれた15世紀から19世紀後半位まで、最も多くデザインされたのが紋章型蔵書票です。紋章(Coat of Arms)とは本来騎士の持つ盾の事なのですが、図像としての紋章は個人や家系、ギルド、組織、軍隊等の識別マークとして使われていました。ですので蔵書票としての流用に大変都合が良かった訳です。...

View Article

票主の悦楽

蔵書票は票主と呼ばれるクライアントが版画家やデザイナーに制作を依頼して作られます。蔵書に貼る枚数と予備、コレクターの場合は交換用等も含めて制作されます。最低50枚位から数百枚まで、1図柄でかなりの数が作られるわけです。人気の作家や凝った図柄の場合は当然値段が高いわけで、票主になるという事はそれなりに財力が必要なのです。...

View Article


書物愛幻想 Arthur Henne

Arthur Henne(1887-1963) アルトゥール・ヘンネはドイツ ドレスデン出身の画家、版画家です。 ドレスデンの宮廷役人の息子として育った彼は、早くから芸術の道に進む事を決意し、貴族階級を捨てドレスデン芸術アカデミーに進学します。...

View Article

BIBLIOTHECA GRAPHICA 気谷誠 氏の残像

気谷 誠先生は博覧強記の美術史家にして愛書家、そして西洋古書や版画の大収集家でもありました。 蔵書票についても大変造詣が深く、次代の蔵書票研究を担うべき逸材でしたが、大変残念な事に2008年に五十四歳で早世されました。 気谷先生のブログは有志によって現在もネット上に残されており、故人を偲ぶ為だけでなく、その内容の面白さから今でも訪れる方が多数いらっしゃいます。...

View Article

蔵書票コピーライティング集

蔵書票コレクターはつい絵柄にばかり囚われがちなのですが、一見味気ない文字中心の蔵書票にも、あなどれない面白い文章があるのです。 今回はモットーや箴言とはまた別の、ユニークな文章の蔵書票を集めてみました。   ※尚私は語学がからっきしなので、翻訳はご自身でお願い致します。   およ あえて単純な絵が怖い でもこれ蔵書票? 脚がかわいいです 絵も洒落てます...

View Article


イベリアの青い風 Josep Triadó Mayol

Josep Triadó  Mayol(1870-1949) ジョセフ トリアド マイヨールはスペイン、バルセロナ出身の画家、デザイナーです。 アレキサンドル・デ・リケと共に、スペインでのモダニズム、アールヌーボーの啓蒙に貢献しました。 1902年、マイヨールはリケと数人の仲間と共に「イベリアexlibrists協会」を設立し、蔵書票の専門誌「Revista Ibérica de...

View Article

京都浮世絵師伝説 柳田 基

柳田 基 さんは1940年生まれ、京都出身の版画家です。 浮世絵の伝統を現代版画に受け継ぐ作家で、日本の蔵書票作家の中では特に好きな絵師です。 一見シンプルな板目木版ですが、多色刷りは大変な手間と根気が必要な作業ですし、シンプルゆえに個性を出すのが難しい世界でもあります。 京都を描いたどこか懐かしい風景は、レトロと一言では言えない深い味わいを醸し出しているのです。   画面の切り取り方が完璧なのです...

View Article

小町通りの昭和残照

小町通りも次々に新しいお店が出来ますが、変わらない風景も残っています。 昔はちょっと入った所に小さいパチンコ屋さんがあって、その場末の雰囲気が好きだったのですが、今はもうありません。最近は御成通りの方が好きです。   まだ残ってるかなあ 場所は探して下さい 骨董店のウインドウです 美味しいお店です

View Article


Stardust Exlibris

夏の夜こんな蔵書票はいかがでしょうか 曲はナットキングコールで   Robert Budzinski

View Article

イルフのくにの武井武雄

武井武雄(1894-1983) 武井武雄さんは長野県平野村(現岡谷市)出身の童話作家で童画家、版画家、造本作家です。 裕福な地主の家に生まれましたが、幼い頃は病弱でほとんど外で遊べず、友達もあまりいませんでした。しかたなく「妖精ミト」という想像の友達を創り出し、空想の中で一緒に遊んでいたそうです。この経験が童画を描く原点になったのではないかと言われています。...

View Article

E=mc²  Erich Büttner

Erich Büttner (1889-1936) エーリッヒ ブットナーはドイツ出身の画家です。 1906年から1911年まで、ベルリンの工芸博物館のスクールで、かのエミール・オルリックに師事しました。 1908年頃からベルリン分離派の一員として活動し、ダイナミックな色彩とフォルムを特徴とする、表現主義的?肖像画が高く評価されました。...

View Article


銃と蔵書票

人類の歴史はそのまま戦争の歴史でもあります。20世紀に入ってからは2度の世界大戦を経験し、近代兵器、大量破壊兵器によって多くの人命が失われました。それにも関わらず人類は戦争を続け、21世紀の今日まで未だに戦火は止む事を知りません。 時代や国によって描かれ方は違いますが、剣と騎士を祖として、蔵書票にも様々な形で戦争は描かれて来ました。   Charles Buckles Falls...

View Article

真夏の夜の悪夢 Max Schenke

Max Schenke (1891-1957) マックス シェンケはドイツ出身の画家です。 1910年ドレスデン王立アカデミーに入学し、天才Richard Müllerに師事しました。油絵、銅版画、リトグラフ等表現方法は多岐に渡り、エドガー・アラン・ポーの小説の挿絵も描いています。 蔵書票も銅版画を中心に140点以上製作しています。...

View Article

EXB48 蔵書票の美女たち 1

蔵書票の中の美女たちを48人集めてみようと思います。 EXB48はExlibris Beauty 48の略です。 尚選定基準は私ゲルべの趣味による独断でございます。 ※バイロスとアルフォンスイノウエさんは美女だらけなので、各1名選出にします。   本日は3人です       48人集まったら総選挙です

View Article


2次元の彫刻家 Bruno Héroux

Bruno Héroux(1868-1944) ブルーノ・ヘルーはドイツ出身の画家、版画家、グラフィックアーティストです。 ライプチヒの王立芸術アカデミーで学び、木版画、銅版画を得意としました。...

View Article

蔵書票騎士団

ヨーロッパの騎士たちは様々な神話伝説、物語に登場し、絵画や映画、コミック、ゲーム等にも頻繁に描かれて来ました。厳密には騎乗した戦士を騎士と呼ぶのですが、剣や槍を持って甲冑を着けた姿が日本人の一般的な騎士のイメージでしょう。...

View Article